後遺症認定のメリット

後遺症に認定された場合には、メリットがいろいろあります。
後遺症に認定された場合、等級によって逸失利益と後遺症慰謝料を請求することができるようになります。
逆に言うと、後遺症に認定されない場合は、逸失利益と後遺症慰謝料は請求することができません。

そして、認定は何級になるということも、当然ですが非常に大切です。
例えば、14級の場合には、後遺症のところのみで考えると、仮に保険会社が提示を100万円してきた場合には、交渉または裁判によってアップした場合でも200万円、300万円がせいぜいです。
しかしながら、12級の場合には、保険会社からの250万円の提示額に対して、800万円や1200万円というようなことになります。
交渉をどのような人が行った場合でも、14級の場合に1200万円とかというような話はできません。
そのため、金額交渉の基になる後遺症の等級は、最も交通事故の損害賠償の場合に大切であると言ってもいいでしょう。

後遺症に等級が認定された場合、自賠責保険から払われる後遺症の部分の賠償の分に関して、交渉を保険会社とスタートする前に被害者請求をすることで先取りできます。
被害者請求で後遺症の申請を行った場合だけでなく、事前認定で後遺症の申請を保険会社に任せるもので行った場合でも、被害者請求をその後の後遺障害分に関して行えば、示談が相手側の保険会社と済んでいない場合でも、先に自賠責分を受け取ることができます。
本サイトでは、具体的なメリット、損害賠償額が上がる、についてご紹介します。